LEDと白熱電球の比較

imasia_6471792_M

LEDと白熱電球には大きな違いがあります。
LEDと白熱電球を比較していきましょう。
先ずはLEDについて知ってもらいます。
LEDというのは、21世紀の照明と言われているほど注目されているのです。
白熱電球は古いという考え方になります。
消費電力、寿命、エコなどどれをとっても、白熱電球よりも優れているのがLEDです。

発光体というのは、LEDは半導体となっています。
半導体を発光体としていますので、高温度にならないという特徴をもっているのです。
もしも、触ってしまったとしても熱い!と言うことになりません。
白熱電球の場合には、フィラメントを利用して居ます。
フィラメントを利用して居ますので、高温度になります。
フィラメントの最高温度は、2700度と言われていますので大きな違いがあります。

寿命に関しては、LEDは5万時間と言われています。
1本LEDを購入すれば、5万時間もの寿命がありますので買い換えを行うのはかなりの年月がありますので安心です。
白熱電球の場合には、2000時間というように大きな差があります。

消費電力に関しても、LEDの方が圧倒的に優れています。
年間で6000円以上もの節約をすることが出来ますので、LEDを購入する事を検討してみてはいかがでしょうか。

ピックアップ記事

pixta_3371154_M

2016.1.5

新居探しのベストは1月、正しく今です!

2016年も、早、松が明けようとしています。今年からは社会人1年生とか、大学1年生という事で、新生活に向けての夢と希望に満ちあふれた年始めの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る