光触媒による外壁塗装は未知

背景素材

触媒とは?
何らかの化学反応を促進する物質です。
体内にある酵素は生体触媒の一種です。
一方外壁塗装の分野で用いられる触媒に、光触媒があります。
光触媒とは?
太陽光などの光を受けることにより外壁塗装を綺麗にする!
画期的な製品です。

光触媒の具体的なメカニズムは?
もちろん外壁塗装の塗料によって異なります。
例えば紫外線を浴びると酸化作用が働き、生成された酸化物が有害物質を分解するようです。
現在既に販売されている光触媒タイプの外壁塗装材は?
自然の力で汚れを落とせる!
耐用年数は20年!
謳われています。

実際にそうであれば?
これは嬉しい話です。
とはいえまだ20年経った家はない?
かつてCDが登場した際にも、データは半永久的に壊れない!
未知のものには未知のデメリットもある?

ならば光触媒タイプの外壁塗装に関して現状におけるデメリットはないのでしょうか?
当然ですが北側の壁!
太陽光が直接当たらない部分ではメリットを生かせないでしょう。
また新製品?
価格が高いのは否めません。
錆びには効果が薄い?
さらに職人技によって成果に差が現れやすい?

以上のことから、外壁塗装で光触媒を試す場合には?
家の立地条件や費用対効果を調べるべきなのでしょう。

ピックアップ記事

ac2abce4f4c8381eba993937c2db82a0_s

2016.5.4

GWは家でゴロゴロしながら家の事を考えよう!

ゴールデンウィークも残り少なくなり、相も変わらず家でゴロゴロ! こんな事でいいのだろうか?っとお思いの方もおられるかと思いますが、それでいい…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る