水性と油性それぞれの特徴は

pixta_14618447_M

塗料には水性と油性があります。
つまり水に溶ける素材か?
油に溶ける素材か?
誰でも知ることですが、水と油は混ざらない!
相性が悪い?
油汚れを水だけでは落とせない!
水性と油性はまったく異なる性質なのです。
では外壁塗装における水性と油性の特徴は何でしょうか?

全体的に言えることは?
水性は臭わない!
値段が安い!
塗りやすい!
外壁塗装においてこんなメリットがあります。
一方で油性は耐久性がある!
雨に強い!
外壁塗装では重要なポイントです。
すなわち外壁塗装を長持ちさせたい!
であれば?
油性塗料がお奨めです。

なお水性と油性それぞれのメリットは?
裏を返せばデメリットです。
とはいえ昨今の水性塗料は壁材との密着性が高まっています。
油性も臭いを抑えるようになっています。
そのため自分で外壁塗装をやる!
この場合は水性塗料が手軽です。
しかし業者にお願いするならば?
油性塗料がベストでしょう。

ちなみに油性塗料には1液型と2液型があります。
1液型はそのまま使うことができます。
2液型は文字通り?
主剤と硬化剤の2種類を混ぜるタイプです。
ただし混ぜた日にしか使用できない?
そんな難点もあります。
言い換えると?
外壁塗装のプロが利用する塗料なのです。

ピックアップ記事

pixta_7838198_M

2016.2.14

住宅ローンを組むなら、金利底値の3月を狙え!

先日、 金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・! という記事の中で、住宅ローンを組んで家を買うなら、狙い目は来月2016年…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る