外壁塗装の作業工程を知ろう

pixta_15155277_M

作業工程をじっくり見続けるほど暇な人はいないでしょう。
しかし実際の工程を知っておくと?
トラブルが発生した際に理解しやすいものです。
また悪徳業者を見つける方法にもなります。

ならば具体的な外壁塗装の工程とは?
まずお客様と外壁塗装の契約を交わします。
適宜近隣へ外壁塗装をする旨の挨拶をします。
そして足場を設置します。
次に壁を洗います。
高圧洗浄機を用いる場合もあります。
ここで綺麗に汚れを落とさないと?
外壁塗装の剥れる原因になります。
一方で小さなヒビなどを発見するためにも重要です。
なおヒビなどがあれば?
当然ですが補修していきます。

これまでの工程で外壁塗装の前準備が終わります。
やっと本番の外壁塗装を始めますが、窓などの開口部にビニールなどを貼る!
初めにシーラーとも呼ばれる下塗りをします。
これが外壁塗装の結果を左右する?
下塗りは上塗りとの接着剤にもなる!
この工程がしっかりとできているか?
チェックポイントでもあります。

下塗りが完全に乾いたら中塗りです。
通常はさらに上塗りをして3回塗りとします。
中塗りと上塗りは基本的に同じ塗料ですが、あえて色を若干変えることもあります。
乾燥して異常がなければ?
足場を外して完成です。

ピックアップ記事

pixta_18364744_M

2016.1.30

ちょっと危険かも知れない不動産やさんの口説き文句5つ!

移転にせよ、独立にせよ、引っ越しのだ一歩は物件探し! 所謂部屋探しです。という事で、春からの新生活に向け、そろそろ新居探しを始められる方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る