ゴミを出さないための生活3箇条

pixta_15723685_M

12月7日、高松市でゴミ収集車から煙が出ているのを発見。ゴミ収集中だったため、積載していたゴミを道路に放出したとの事。
幸いな事にけが人はいなかったものの、周辺は一時異臭で大変な事になってしまったというのですから大変でしたが、ゴミの問題は年々切実なものになっています。
かつてであればゴミは特に何も考えなくとも捨てて良いものでした。ですがいつしか分別が始まり、さらには近年は粗大ゴミはお金を払って捨てるようになりました。
住まいの中でゴミ問題が徐々にではありますが大きな問題になっていっているのですが、ゴミ問題と真剣に向き合うためのコツもあります。

・無駄な物は買わない
元も子もないかもしれませんが、結局はこれに尽きるでしょう。買っても気に入らなければ捨てるではなく、ゴミにならないよう、買うのを考える時代になりました。
窮屈な時代と思うかもしれませんが、それによってゴミを出さなくするだけではなく、無駄遣いも控える事が出来るようになるのですから決して悪い判断ではないはずです。
出費が減るので貯蓄とて出来るようになるかもしれないのですからね。

・リサイクルショップを活用する
リサイクルショップがどのような物なのかはわざわざ説明する必要もないと思いますが、リサイクルショップはいろいろな物を買取ってくれます。
お金にならないようなものでも、無料でも良いならという事で引き取ってくれる事も珍しくありません。つまり、粗大ゴミとしてお金を払って引き取ってもらうよりは経済的なのです。
近くにリサイクルショップがある場合、リサイクルショップと上手に付き合う事でゴミ問題の強い味方になってくれるのは間違いありません。

・有効活用する
使える物は使う。そのスタンスも大切になってくるのは言うまでもありません。
例えば布物を捨てる際、ただ捨てるのではなくて洋裁が好きな人にあげたりですとか、自分自身でいろいろとアレンジして新しい物を作る。
これだけでもゴミになる物が違う物に生まれ変わるのです。このように、ゴミではあっても有効活用する事が出来るものもあります。
住まいの中で負担にならない程度に有効活用してみるのも良いのではないでしょうか。

ピックアップ記事

pixta_16761705_M

2015.11.4

引越しのダンボール

普段はあまり役に立たないものの、引越しの際にその存在感を大いに発揮するものがあります。それはダンボールです。ダンボールは引越しの必需品とも言…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る