スーパーをより賢く使う3つの注意点

pixta_10797079_M

12月17日、イオンは京阪神地区の食品スーパーを強化すると発表。その一環としてグループ内での事業を来年3月に再編するとの事。「KOHYO」ブランドで知られている光洋を中核と位置づけるとの事。
スーパーは住まいの必需品と言っても過言ではありません。コンビニは24時間営業で便利と思われがちですが、近年はスーパーも営業時間が伸びていますし、コンビニよりも安いです。
住居の選定には近くにスーパーがあるかどうかまで条件にしている人もいるほどですが、スーパーをより賢く使うためにはいくつかポイントがあります。
それを挙げてみるとしましょう。

・閉店間際の駆け込み
これは有名かもしれません。閉店間際になると、その日売り切りたいものを売り切るべく、お惣菜などが割引で販売されます。
半額で売られるものもあるほどで、それらを上手く活用すればかなりコストパフォーマンスが高くなります。
一人暮らしの人の場合、ともすると自炊するよりも安いのではないかと思えるほどですので、これらを活用してみるのも良いでしょう。

・会員になる
どのスーパーでも会員を募集しています。会員と言っても入会費がかかるようなものではありません。
クレジットカード会員が多いのですが、クレジットカード会員になるだけで割引で買い物を行う事が出来るようになったり、会員優待デーが用意されていたりしますので、お得に利用する事が出来るようになるのです。
入会費にせよ年会費にせよ永年無料の所が基本ですので、維持費はかかりません。さらにはクレジットカードを使うでもなく、見せるだけで割引になるケースもありますので、会員にならない手はないでしょう。

・特典を知っておくと
どのスーパーも割引をする日が決まっています。「火曜日は特売日」「5のつく日は割引」「20日と30日はポイント倍増」といったように、普通に購入するよりも断然お得になるケースもあります。
普通に購入するよりも、このような日を狙い、お得になる時に一気に買い物を済ませた方が断然お得になります。ちょっとした事ではありますが、一回の買い物ではそれなりでも、何回も続くとなるとかなりのお得額になりますので、それを意識してみるのも良いのではないでしょうか。

スーパーは普通に利用していてもとても安くてありがたいものですが、更にお得に利用する事が出来るポイントがいくつかあるのです。
これらを上手く活用する事で、更にスーパーが心強い存在になるのではないでしょうか。

ピックアップ記事

pixta_7026502_M

2016.2.19

今こそ「ふらっと35」で夢のマイホームを!

以前金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!で書いた金利マイナスの時代が、ついに始動しました。となると、いよいよ住宅ローンを組…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る