便利屋を英語で何と言うのか

便利屋を英語で何と言うのか?
Handy man!
handyは英語で「手頃な」「便利な」です。
便利屋の直訳としては正解のようです。
またUtility person!
すなわち「役に立つ人」
manは男女差別的?
昨今は使用を避ける傾向にあります。

一方でJack-of-all-trader?
Jackは人名ですが、○○太郎?
そんなイメージであり、深い意味はありません。
all-traderが「よろずや」的な内容を現しています。

もちろん国や地域特有の表現があるでしょう。
その文化圏でしかわからない?
逆に言い得て妙?
こんなパターンもあるようです。
そもそも海外に便利屋はあるのか?
いろいろ仕事を引き受けていたら?
結果的に便利屋となった!
このケースもあるでしょう。

ちなみに便利屋を開業する?
先進国であれば?
意外なほど資格や契約などで面倒!
発展途上国などは?
どんなことも商売になる!
日本で行き詰ったら?
外国で便利屋をやる!
それも一法です。
目標があれば?
英語の学習も頑張れる!

なお日本で便利屋を営んでいると?
英語で依頼を受けることがある!
英語がわかれば?
便利屋事業の幅も広がる!
これからは国際化?
日本への外国人観光客が増える!
通訳の仕事?
商店街から一時的なお願いが来ることもあるでしょう。

ピックアップ記事

b452fe9cfddb900181bd12f23f1ada24_s

2016.5.10

これからは地震保険で一本勝負も・・・!!

熊本では、震災で自宅のダメージが大きかった人のための市営住宅や雇用住宅、そして、仮設住宅の受付と抽選が行われ始めましたが、なんと、その競争率…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る