苦情代行の前は冷静になろう

嫌なことはしたくない!
誰もが考えることです。
特に対人関係は難しい!
苦情を言いたくても言えない?
また気持ちが強くないと?
言い負かされてしまう!
ならば弁舌の立つ人にお願いする!
裁判とは一種の苦情代行かもしれません。

そこまで大袈裟にならなくても?
店員の対応が悪かった!
家電が故障した?
近所のネコを何とかして欲しい!
そんな言い辛いことを?
便利屋に依頼する!
まさしく便利屋の出番なのでしょう。

とはいえ便利屋が喧嘩をする?
それでは代わる意味がない!
こちらにとってメリットがあるような苦情代行!
例えばメーカーへの苦情代行なら?
無償修理を勝ち取る!
相手に謝罪させるまでしなくても妥協点を探る!
そうしたテクニックがあるからこそ?
便利屋の苦情代行が成り立つのです。

ただし苦情代行を頼む前は?
まず冷静になりましょう。
後から思い出して?
恥ずかしい!
そうならないように注意しましょう。
頭に血が上っている時は?
私が正しい!
しかし客観的に見ると?
自身も同じことをしている?
多々あるものです。

それでも腹の虫が治まらなければ?
便利屋の苦情代行は、様々な声色や性格のスタッフがいます。
そういえばこの間の電話の人は?
自分は責められていないか。

ピックアップ記事

pixta_18134120_M

2016.1.12

3つのアンケート調査から分析する部屋探し、さて、1階・3階・5階?

先日、新居探しのベストは1月、正しく今です!というお話をしましたが、まだまだ選択肢豊富で、ゆったり部屋探しが出来るこの時期だからこそ、しっか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る