1時間単位では一長一短ある

pixta_18417940_M

わかりやすいようですが?
ちょっと納得できないこともある!
例えばタクシーも?
距離で値段が変わるのは理解できる。
しかし渋滞でもメーターが上がる!
タクシーを拘束している?
そう捉えるべきなのでしょうが、渋滞は誰のせい?
その道を選んだのは運転手!
抜け道を知らないのか!
イライラするものです。

このように時間で金額を決めるのは?
一長一短がある!
便利屋も1時間単位で請求するパターンが多い?
もちろん1時間3000円!
客観的な基準です。
ただし同じ1時間でも?
便利屋の作業員毎に効率は違う?
具体的にはペンキ塗りでも?
仕上がる面積や斑に差が出る!
変に比べるから気になるのでしょう。
それでも便利屋にお願いする!
決心したなら?
もう諦めましょう。

当然ですが便利屋への依頼内容によって価格設定が異なる?
1時間でカウントするより結果でまとめる!
つまり1回いくら?
こちらの方が便利屋にプレッシャーのかからないことがある。

なお大手の便利屋であれば?
1時間当たりの料金以外に出張費、材料費、交通費など別費用が加算されていきます。
ならば1時間で考える意味はあるのか?
急なこと?
切羽詰った状態であっても、ケースバイケースで個々に見積もりをお願いしましょう。

ピックアップ記事

b452fe9cfddb900181bd12f23f1ada24_s

2016.5.10

これからは地震保険で一本勝負も・・・!!

熊本では、震災で自宅のダメージが大きかった人のための市営住宅や雇用住宅、そして、仮設住宅の受付と抽選が行われ始めましたが、なんと、その競争率…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る