契約書は10年間保管しておく

電子化が進んでも何らかの契約を結ぶ場合には?
契約書を作成しましょう。
日本はなあなあの文化?
しかしビジネスはシビアです。
契約書に記載されていない?
それだけで約束が反故になる!
稀ではありません。
万が一にでも裁判となれば?
契約書の有無が鍵を握ります。
たかがこれくらいのこと?
それでも契約書を作ってもらいましょう。

例えば便利屋に関しても?
草むしり程度?
ただし事前の取り決めがなければ?
変な追加料金がある!
泣き寝入りのケースが多いようです。

ちなみに契約書を渋る便利屋は?
避けた方が無難です。
チェーン系の便利屋なら?
書式が整っているものです。
一方で地元密着の個人系便利屋?
契約書があってもいい加減?
法的に使える契約書か?

契約書で大切なことは?
便利屋の住所と会社名!
代表者名や電話番号が書いてあり捺印されていることです。
また具体的な作業内容と金額が明記されている点も重要です。
できれば事後トラブルが生じた際の対処法があるとベストです。
運搬を便利屋に依頼したけど?
後で見たら壊れていた!
ありがちです。

何事もなくて当たり前!
契約書は捨てるためにある?
とはいえ10年間は保管しておきましょう。
次回お願いする時の参考にもなります。

ピックアップ記事

ac2abce4f4c8381eba993937c2db82a0_s

2016.5.4

GWは家でゴロゴロしながら家の事を考えよう!

ゴールデンウィークも残り少なくなり、相も変わらず家でゴロゴロ! こんな事でいいのだろうか?っとお思いの方もおられるかと思いますが、それでいい…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る