観光名所の京都に住む5つのメリット

019 (1)

白い巨塔や沈まぬ太陽など、社会派小説の作者でもあって山崎豊子さんが亡くなったことを受け、「不屈の取材、情熱の作家人生」という追悼展が6日、京都の高島屋で始まりました。
こちらは18日までなのですが、このニュースを聞いて意外に思う人も多いようです。それは、「京都にも高島屋があるのか」というものです。京都は観光地としてはとても有名ですが、居住地としてのイメージがあまりないと感じている人も多いようですが、もちろん京都に住んでいる人も大勢います。
そこで、京都に住まいを構えるメリットをいくつかご紹介してみるとしましょう。

・いつでも世界遺産に触れられる

観光で京都を訪れると、どうしても欲張りになってしまいます。それもそのはず、次にいつ京都にやってくるのか分からないのですから、時間の許す限りにいろいろな所を見て回りたいと思うものです。
そしてそれは、誰もが思う事ですので、京都は季節を問わずに人が多いのですが、やはり土日や祭日は混み合います。ですが京都に住んでいたらいつでもそれらを楽しめるのです。
京都に住んでいるので金閣寺や清水寺、嵐山がランニングコースという人までいるほど。無理に焦らずとも、人がいない時に楽しめるようになるのは最大のメリットでしょう。

・世界遺産が身近に

先に少し触れましたが、京都に住んでいると世界遺産が身近になります。立地次第ではありますが、例えば毎日のように清水寺を見かける人もいれば、毎日二条城を通るという人。
毎日のように嵐山が見える所で仕事をしているとか、金閣寺の近くでバイトしているといったように、京都以外の人が聞けばなんとも贅沢なと思うような日常生活が待っているのです。
そのような事は本来であればなかなか出来ない事というよりも、そもそも京都に住んでいなければ出来ない事ですから、京都が好きな人にとってはなんとも羨ましい話です。

・実は交通の便が良い街

京都と言えば観光地。しかも世界的な観光地ですので、どうしてもそのイメージが強いのですが、一方では交通の便の良いエリアとしても知られています。京都からは中部、北陸、山陰、奈良、大阪などへアクセス出来ます。
かつて日本の中心に据えられていたのは、ただ奈良から近かっただけではなく、様々な所にアクセス出来るからだったのかもしれません。大阪までも、鈍行電車でさえ実は数十分でアクセス出来ます。
観光地としての顔ばかりがクローズアップされてしまいがちなのですが、実は京都からは何処にでも行けるアクセスが整えられているのです。

・案外家賃が安い

京都にもいろいろな街がありますが、四条烏丸や四条河原、祇園といったいわゆる中心地は流石に地価がとても高いのですが、それら以外の地域は、実はそこまで地価は高くはありません。
むしろ大阪の方が断然地価が高いですし、かといってお店はそれなりに揃っています。つまり、実は住みやすい街でもあるのです。それでいて周辺には観光地として知られているような名所がたくさんありますので、住んでいて楽しいエリアとも言えるえでしょう。

・自慢出来る

これは直接的なメリットではないのですが、やはり「京都に住んでいる」といえば誰もが「お!」と思うものです。
本来は「京都」もとても広いのですが、「京都に住んでいる」と聞くと「お洒落」「素敵」「羨ましい」と思われる事が多いです。何をした訳でもなく、京都に住んでいるだけでそのような視線を集められるのもまた、実はメリットなのかもしれませんね。

ピックアップ記事

pixta_16761705_M

2015.11.4

引越しのダンボール

普段はあまり役に立たないものの、引越しの際にその存在感を大いに発揮するものがあります。それはダンボールです。ダンボールは引越しの必需品とも言…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る