粗大ゴミなら重量でカウント

見積もり

多くの自治体では?
粗大ゴミの回収は有料です。
ただし洗濯機やテレビなどは?
家電リサイクル法の範疇です。
適正な処理を心がけましょう。

とはいえどこから粗大ゴミになるのか?
定義は地域により異なるでしょうが、一般には?
指定のゴミ袋に入らないもの!
1辺が30センチ以上になるもの!
これらが粗大ゴミと称されるようです。

いちいち粗大ゴミの収集を頼むのは面倒!
大掃除などの際には?
便利屋でまとめてお願いする!
案外すっきりとするものです。

なお便利屋に粗大ゴミの処分を依頼すると?
重量単位でカウントされるため割高になる!
それでも便利屋のメリットは?
自分の指定した時間に来てくれることでしょう。
役所は?
業者が下請けしているはずなのに融通が利かない!
サービスとは?
サービスを受ける側が主導になるべき!
そういう点では便利屋に勝るものはないのでしょう。

かつては古道具屋?
最近ではリサイクルショップ!
引き取ってくれないケースもあります。
便利屋なら?
変な言い方ですが、金で解決できる!
こんなもの持って行ってくれるのか?
不安に思うこともあるでしょう。
しかし便利屋はお客様の役に立つのが仕事です。
素人にはわからない使い道がある?
これも事実です。

ピックアップ記事

pixta_14213312_M

2016.3.18

金利最安だけでない住宅ローンは今が一番美味しい時期!

これまでから、金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!・今こそ「ふらっと35」で夢のマイホームを!とお話しして来た通り、家を買…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る