シェアハウスのメリットを5つほど紹介する

シェアハウス

1月26日のマイナビニュースの記事によると、リビタが渋谷区広尾の築43年のマンションを一棟丸ごとリノベーション。共用部にはコミュニケーションスペースを設けた賃貸住宅「PIPE」の入居者募集を開始しました。
いわゆるこの手のシェアハウスのような住まいは増加傾向にあるとも言われています。「テラスハウス」というテレビ番組の影響はもちろんですが、シェアした方がいろいろとメリットがあるのも事実です。
そこで、シェアハウスにはどのようなメリットがあるのかをいくつか挙げてみるとしましょう。

・共用部分のコストカット

やはりこれがとても大きいのではないでしょうか。一人暮らしですと水道光熱費等は自分一人のために支払う事になります。
致し方ない事ではありますが、あまり効率が良くないと思ってしまっている人も多いのではないでしょうか。ですがシェアハウスであればそれらの共用部分は人数で割れます。
特にインターネット接続料金は一括で管理出来ますので、共用する事によって水道光熱費を想像以上に割安に出来ます。

・人がいる

一人暮らしですと、自由気ままさもありますが時に寂しさを感じるのも事実です。それが一人暮らしだと言われればそれまでではありますが、シェアハウスであれば一人になりたい時には一人で、誰かと話したい時には誰かと話して。
一人暮らしの時には出来ないライフスタイルを可能にしてくれますので、こちらもメリットです。シェアハウスによってはイベントを開催してくれたりと、住民同士のコミュニケーションのためにいろいろと工夫してくれる所もあります。

・人がいる緊張感

人がいると寂しさを紛らわせるのはもちろんですが、一方では人がる事によっての緊張感も生まれるものです。
「緊張感」というと少々大げさな物に聞こえてしまうかもしれませんが、一人暮らしですと自分だけしか住んでいないのですから部屋が汚くなろうとも誰かに迷惑をかける訳ではありません。
それこそ自分さえ我慢していれば良いのですが、シェアハウスの場合汚くしていたら周囲に迷惑をかけてしまう事になります。
常に緊張状態になる訳ではありませんが、誰かがいるので「しっかりしなければ」との意識も働きますから、生活が乱れないようになるとも言われています。

・セキュリティの問題

こちらもシェアハウスの魅力といえるでしょう。一人暮らしの場合、セキュリティはすべて自己責任です。どこかに出かけるのであれば戸締りもしっかりと行わなければなりません。
また、女性であれば部屋にいる時でさえ環境によっては安心出来ないのではないでしょうか。オートロックがないマンションですとか、アパートの場合誰でも出入り自由ですし、大通りに面している建物の一階に住んでいたら、洗濯物にも躊躇してしまうのではないでしょうか。
ですがシェアハウスであれば他にも誰かいるのですから、それらの事を心配する必要がありません。空き巣に入られる可能性も0%に近いでしょうから、生活の中で余計な心配をする必要がありません。

・親側の安心感

自分自身だけではなく、親の安心感にも繋がるのではないでしょうか。先にも出たように、女の子の一人暮らしは経済性よりも安全性に於いて親も心配です。
美人だからとかモテるからといった事ではなく、やはり「女性」という事でいろいろと不安が出るものです。ですがシェアハウスであれば他にもたくさん住人がいます。
親としても、治安が良いのか悪いのか分からず、さらにはセキュリティも安心出来るのかどうかさえよく分からないような所に住まれるより、シェアハウスの方がいろいろな意味で安心出来ます。
一人暮らしは許さないけど、シェアハウスであれば良いと思う親もいるでしょうね。

ピックアップ記事

pixta_3371154_M

2016.1.5

新居探しのベストは1月、正しく今です!

2016年も、早、松が明けようとしています。今年からは社会人1年生とか、大学1年生という事で、新生活に向けての夢と希望に満ちあふれた年始めの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る