駅の近くに住むメリットを5つほど挙げてみる

pixta_13491729_M

3月22日、国土交通省が発表した公示地価はいろいろな事が分かります。例えば全国平均では8年振りに上昇。細かく見てみると、商業地上昇率では大阪が全国で首位。
一方では郊外の地域では下落傾向が多くみられるなど、都心回帰、一極集中、大阪の勢い。それらが見て取れます。
特に駅周辺はさすがにそれなりに高いのですが、住まいを考える人も、出来れば駅の近くでと考えている人は多いのではないでしょうか。
そこで、駅の近くに住むメリットをいくつか考えてみるとしましょう。

電車にすぐに乗れる

生活の中で電車を使う事が多い人にとっては、すぐに電車に乗れる環境はやはり便利なものです。間取りや食費など、努力で何とか出来る部分もあれば、駅からの距離だけは努力で縮める事は出来ません。
すぐに電車に乗れるという事は、手間もかからなければ、待ち時間も少なくなります。日々の中で「電車に乗るために手間をかける時間」が短縮されます。
仮にですが、週に5日電車通勤する人で、駅までの時間が10分異なれば、一日20分として5日で100分も自分の時間が変わります。

悪天候でも影響が少なくなる

駅から遠くても、自転車やバイクなどを活用すれば時間そのものは短縮出来るかもしれません。ですが、それはあくまでも「天気が良ければ」という前提の元でです。
悪天候時は、徒歩で駅まで行かなければならない。そのような場合、遠いと手間がかかったり、送迎してもらうとなれば他人に迷惑をかける事になります。
ですが駅から近ければ、悪天候でも影響ありません。近年では駅から直結のマンションも登場していますが、そのような住まいの場合、影響がないどころか、雨が降っていても濡れる事さえありません。

買い物が便利

駅の周辺は人が多く集いますので、自ずと賑わいもあります。つまり、買い物環境が恵まれる事になります。
お店を出す側としても、多くの人に来てもらった方が利益になるのです。どのような駅であれ、お店はあるものです。生活のためには買い物は必須ですが、そのための環境が整えられているのが駅周辺なのです。

人が多い

駅には多くの人が集うものです。電車を利用するのはもちろんですが、先にもお話したように、お店も多いので電車に乗るのではなく、買い物のために訪れる人もいます。
お迎えのために訪れる人もいれば、駅周辺のお店からスタッフが出て呼び込みをしているケースもありますし、目立つ場所なので待ち合わせとして駅が利用されるケースもあります。
このように、人が多く集まりますので、防犯という点でも役立つのです。人が多い方がトラブルは起きません。人が少ないと何が起きるか分かりませんが、人が多いと、それぞれに自浄作用が働きますので、結果的には治安向上になるのです。

リスクを回避出来る

駅から近ければ、「帰路」が短くなります。駅からの道のりが長いと、女性であれば夜道は恐怖感を覚えるでしょう。男性とて車やバイクなどに巻き込まれる可能性はゼロではありません。
ですが駅から近ければ近い程、そのようなリスクがなくなります。先に駅に直結しているマンションもあるとお話しましたが、そのような住まいであれば、車やバイクと接触する可能性は0ですし、女性が恐怖感を覚える事もないでしょう。
「暗い夜道」ではなく、夜でも明るいので、トラブルに巻き込まれるような事はないでしょう。終電帰りだとしても、タクシーも必要ありませんし、夜道を警戒する必要さえありません。
これらを考えると、多少家賃が高くとも、駅の近くに住むメリットは大きい事が分かるのではないでしょうか。

ピックアップ記事

pixta_3371154_M

2016.1.5

新居探しのベストは1月、正しく今です!

2016年も、早、松が明けようとしています。今年からは社会人1年生とか、大学1年生という事で、新生活に向けての夢と希望に満ちあふれた年始めの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る