住まいの中で、密かに用意しておくと意外と便利なアイテムを5つ挙げてみる

pixta_19789637_M

3月26日、「ギズモードジャパン」にて面白い記事が掲載されていました。それは、歯磨き粉の活用術です。
歯を磨くだけではなく、いろいろな事に活用する事が出来るとの事。もちろん歯磨きにも使用出来ますので、用意しておくだけでとても便利になるアイテムだという論調だったのですが、住まいの中で、用意しておくと便利なアイテムがいくつかあります。
そこで、それらを5つほど挙げてみるとしましょう。

バケツ

汎用性の高さという点ではバケツ以上の物はないのではないでしょうか。とにかく、アイディア次第ではどのような事にも使用出来るのです。
掃除の際はもちろんですが、物置として使用したり、時にはバケツをひっくり返して台として使用したり。
また、バケツに入れて持ち運びしたりなど、バケツがあるととても便利です。毎日使う訳ではなくとも、いざという時や他に代用品がないような時に活躍してくれるアイテムですので、一つくらいは用意しておいた方が良いでしょう。

ホッカイロ

冬であれば誰もが用意しているかもしれません。ですが夏であってもホッカイロは案外活躍してくれるのです。
特に女性の場合、生理などでお腹が痛い時には夏の暖かい時期でも腹部を暖めるだけで体調が変わります。痛みを和らげるのは冷気ではなく、暖気です。
便秘にも良い効果をもたらしてくれるものですので、夏の暑い季節であっても、女性であれば用意しておくと便利です。
思わぬ形で役立ってくれるかもしれませんよ。

USB充電器

今の時代はUSBで接続する物が多いです。かつてUSBと言えばパソコンの専売特許でした。ですが今の時代はコンセントに接続してスマートフォンやノートパソコン、タブレットを充電します。
そのため、USB充電器は何個持っていても困りません。特に便利なのがハブです。コンセントでもあるように、ハブ型のUSB接続出来る物があると、一度に複数台充電出来ます。
ハブが一つだけですと、順番で充電しなければなりません。ですがスロットが複数あれば、わざわざ待つ必要はありません。
また、USBポートそのものはAndroidであれiPhoneであれ関係ありません。まさに今の時代の必需品と言っても良いでしょう。

空のペットボトル

飲料水を飲み終わったペットボトルはプラスチック容器として処分している人が多いかと思いますが、こちらもまた、汎用性がとても高いです。
特にキャップがある点です。先にバケツを挙げましたが、バケツには蓋がありません。別で用意しても密封は出来ません。
その点ペットボトルは蓋がありますので密封する事が出来ます。飲み物を入れるだけではなく、アイディア次第で様々な形で活用する事が出来ますし、何より分量も明確です。
1.5Lのペットボトルを一杯にすれば1.5Lです。また、プラスチックになるので加工も簡単です。
飲み終えたらすぐ捨ててしまうのではなく、いろいろな事に使えるので取っておくのも良いでしょう。

のり

文房具ののりです。近年は接着剤が身近になっていますので、わざわざのりを使用するシチュエーションを思い浮かばないかもしれません。
ですがのりがあるといろいろなシチュエーションで便利です。むしろ髪に関してはのりの方が汎用性が高いですし、ちょっとした補修にも使えます。
また、割引で購入したお肉等を保管しておく際、値札をビニール袋に貼るのはのりが良いでしょう。
それらを考えると、接着剤よりものりの方が汎用性が高いです。接着剤も便利ですがのりもまた、便利ですので、用意しておいた方が良いでしょう。価格も安いので、費用対効果も高いですよ。

ピックアップ記事

b452fe9cfddb900181bd12f23f1ada24_s

2016.5.10

これからは地震保険で一本勝負も・・・!!

熊本では、震災で自宅のダメージが大きかった人のための市営住宅や雇用住宅、そして、仮設住宅の受付と抽選が行われ始めましたが、なんと、その競争率…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る