二人でワンルーム物件に暮らすのは可能か?5つの角度から真相に迫る

pixta_6869412_M

3月25日の閣議にて、「民泊」についてワンルームマンションの広さであっても宿泊事業が可能になるよう、政令改正が閣議決定されました。
4月1日から民泊解禁となるのですが、民泊云々抜きに、ワンルームは文字通り一部屋のみです。広いタイプのワンルームもありますが、民泊はおろか、住まいとして考えてもやはり単身者向けです。
一方で、経済事情からワンルームしか借りれないという人もいます。それでも同棲や、結婚をと思っている人もいるとの事ですが、実際問題ワンルームに二人で住む事は可能なのか。
いくつかの角度から検証してみるとしましょう。

不動産屋にチェックしてみましょう

まず、工夫や心構えの前に不動産屋や家主に二人で住んでよいのか確認してみましょう。不動産会社としても、ワンルーム物件には単身出の住まいを想定しています。
そのため、二人以上で住む場合、「二人入居可能」と表示します。表示されていないから住んではいけないという法律ではないのですが、ルールを決めるのは家主です。
ワンルームマンションを購入した場合であれば、そこに何人で住もうが自分自身の自由でしょう。ですが、賃貸の場合にはまずは不動産屋に確認するとしましょう。

職業も大切

ワンルームに二人で住めるか否かは、職業が大きく関係してきます。住まいには夜しか帰ってこないし休みもあまりない。
このような仕事環境の場合、ワンルームであっても何ら問題ないでしょう。ですが家で仕事をする人の場合、ワンルームですと仕事と生活、睡眠、食事をすべて同じ部屋でこなす事になります。
それでも構わないというのであれば問題ないのですが、家で仕事を行う場合、ただでさえオンとオフの切り替えが難しいものです。ルールの問題ではなく、やはり厳しいでしょう。

荷物の量

ワンルームで暮らすという事は、一つの部屋ですべてを行わなければなりません。何を意味しているのかというと、生活そのものはもちろんですが、荷物もすべて一部屋で何とかしなければならないのです。
単身者であれば問題ないというのは、荷物の量もそこまで多くはないからです。
しかし、二人でとなると二人分の荷物が必要になります。特に女性の方が衣服等が多くなる傾向にあります。荷物をどうするのか。ワンルームに二人で暮らす場合、実はこれこそが最大のテーマと言っても良いでしょう。
8畳程度のワンルームの場合、箪笥を置いただけでかなりの迫力になってしまいます。収納の多いワンルームや、ロフトがあるのであれば良いかもしれませんが…。

常に顔を合わせる空間

ワンルームの場合、常に顔を合わせていなければなりません。
例えば一人一部屋確保されていれば、喧嘩した時や一人になりたい時、自分の部屋に入れば良いのですが、ワンルームでは、そもそも「自分の部屋」がありません。
一人になりたい時や、相手の顔を見たくはない時でさえ、常に二人でいなければならないのです。
ストレスになるのは間違いありませんが、この問題をどのように対処するのか。これを確立出来ない場合、ワンルームでの二人暮らしは控えた方が無難です。

目的の有無

目的があれば可能と言う声もあります。例えば、頭金を貯めたいがために、敢えて安いワンルームでというケースであれば、苦労も「夢の途中」と思えるでしょう。
ですが、単に経済的な面でワンルームに住んでいる場合、「終わりが見えないワンルーム生活」になりますので苦労も絶えないでしょう。
いくら仲が良くても、時にはどうしてもいろいろな問題が生じるものですし。

ピックアップ記事

b452fe9cfddb900181bd12f23f1ada24_s

2016.5.10

これからは地震保険で一本勝負も・・・!!

熊本では、震災で自宅のダメージが大きかった人のための市営住宅や雇用住宅、そして、仮設住宅の受付と抽選が行われ始めましたが、なんと、その競争率…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る