会社から近い所に住むメリットを5つ程挙げてみる

93ace668813f5f070aeffd95a31129ef_m

住まいを決める条件はいろいろとあるでしょう。例えば4月7日の読売新聞にも掲載されていたように、「住まいサポートネット」と呼ばれる、入居者専用ウェブサイトを用意してくれているような手厚いサービスは入居者にとって魅力であると共に、いざという時に困りません。
ライフスタイルや経済力など、住まいの決め方はいろいろとあるとは思いますが、近年では「会社の近く」という点を重視している人も多いようです。
確かに会社の近くに住まいを構えるメリットはとても多いです。そこで、メリットをいくつか挙げてみるとしましょう。

通勤時間を短縮出来る

通勤時間を短縮出来る。やはりこれはとても大きいのではないでしょうか。片道1時間だとしても往復で2時間、「電車内での時間」を強いられる事になります。
2時間あればもっともっと自分の好きな事が出来るのではないでしょうか。いくら拘束されている訳ではないとはいえ、公共の場でもある以上、出来る事は限られています。
スマートフォンでゲームをしたり音楽を聞いたり、あるいは読書したり。満員電車ともなれば窮屈感があり、それらさえ出来ないケースもありますが、会社の近くであればそのような苦労がなくなります

朝寝ていられる

早起きは社会人にとっても苦痛なのではないでしょうか。起きるだけではなく、そこからいろいろと準備をしなければならない点も苦痛でしょう。
ですが会社の近くに住めばギリギリまで寝ていられます。例えばですが、通勤に1時間かかるの人と比べて、単純に1時間は寝ていられます。

自分の時間を確保出来る

通勤にせよ睡眠にせよ、時間の制約がなくなりますので、自分の時間を確保出来るようになります。例えば、仕事が終わった後の時間、帰宅するまでの時間があります。
退勤途中にお店に入ったりといった事も楽しみではありますが、毎日のようにそのような事を楽しめる訳ではないはずです。次の日の事も考えなければなりませんので、結局は「帰るだけ」の時間でしかないケースが多いでしょう。
ですがすぐに帰宅出来ますので、「帰宅後の時間」が長くなります。自分でいろいろな形で楽しめるようになります。

お金を使わなくなる

通勤が長いと、どうしても途中で誘惑が多々あります。ですが家と会社が近ければ、帰宅中にお金を使う機会が減少します。
通勤が長いと、帰宅途中でついついお腹が減ってしまったり喉が渇いたり。退屈だからといってスポーツ新聞を購入してしまったり、アプリにのめり込んでしまったのでついつい課金してしまったり。
スマートフォンでちらちら通販サイトを見ていたおかげで、冷静に考えればそこまで欲しいと思うようなものではないものの、ついつい購入してしまったりといったケースも出てくるでしょう。
ですが家までの距離が短ければ、そのような誘惑も少なくなりますので、結果、お金を使う機会そのものがなくなります。

仕事に集中出来る

通勤時間が短いと、仕事に集中出来るようになるというメリットもあります。通勤は何をするではない時間ですが、体力を消耗してしまいます。
毎朝のように満員ラッシュの中出勤する。日本では特に珍しい話ではありませんが、そのおかげで結局は体力を削られたり朝から陰鬱な気持ちにさせられたりするでしょう。
ですが会社から近ければそのような時間が短くなったり回避出来たり。おかげで仕事へのモチベーションが高まりやすいというメリットもあります。
満員電車に乗らないだけで、気持ちも全然変わってくるでしょうからね。

これらを考えると家賃が多少高くとも会社の近くに住むメリットは多々ありそうですね。

ピックアップ記事

DIY

2015.12.17

DIYで気を付けるべき3つのポイント

電動工具メーカー「ブラック・アンド・デッカー」が12月9日に発表したデータによると、およそ3年前に行った調査に比べて女性のDIY実践層が14…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る