電力自由化をMVNOと比較しながら説明する

b9598647acad787b7f378d8ec3293bdc_s

2016年4月1日から電力自由化が始まりました。自由競争に「電気」というインフラが登場する驚きを隠せない人も多いと思いますが、まだまだあまり深く考えていないという人も多いのではないでしょうか。
自由化になったとはいえ、今まで通りの電力会社を利用していても特に困る事はありません。4月20日の日経BPnetでも電力自由化のコラムが掲載されていますが、電力自由化に関してまだまだよく分からないという人も多いのではないでしょうか。
まずは分かりやすくお話するとしましょう。

電力自由化の理由

電力自由化とは、電力会社の電線の間借りが可能になったことで電力会社以外の様々な会社(小売電気事業者)が電力の小売を自由に行い、消費者も各々好きな会社から電力を買えること、です。原理としては、スマートフォンを格安で利用できるMVNO(仮想移動体通信事業者)と似ています。
MVNOは通信会社から回線を借り、独自のサービスを付与するなどして利用者に安価で音声やデータ通信を提供しているサービスです。同じく電力も、新しく参入した小売各社は電線をいわば「間借り」しています。「小売電気事業者が独自の電線を持っていないなら、元々の電力会社で十分なのではないか」と思うかもしれませんが、MVNOと電力自由化では、決定的に異なる点が一つだけあるのです。

電力を「生み出せる」業者もいる

MVNOの場合、「DoCoMo系」「au系」に分類出来るのですが、これは単純にどちらの回線を借りているかの違いです。通信回線はDoCoMoかauが設置したものを使わせてもらっているのです。つまり、本当に「借りているだけ」なのです。
一方の電力は、火力や原発などで生まれる物もあれば、近年では太陽光発電など誰もが電力を生み出せる環境にあります。
つまり、小売電気事業者は、電線を借りて他社から購入した電力を販売するタイプだけでなく、自前でエネルギーを発生させ電線「だけ」を借りるタイプもあるのです。
事実、電力自由化に参入する事業者の中には、太陽光発電システムを用意している所もあります。原発や火力程の大容量ではないかもしれませんが、少なくとも「電力をある程度は自前」で用意しているのです。

自前だからこその割引サービス

自前で電気をある程度用意出来る事業者は、電力会社から「電線」だけを借りるので、電力会社に大きく依存せずとも良いですし、自分たちが用意した他のサービスと併用してもらう事で割引プラン等を用意する事も出来ます。
MVNOの場合、利用者が増えると安定性が損なわれたり回線速度が低下しますが、電力の場合はサービス品質が劣化するような問題も生じにくいでしょう。

インフラの安定性

それまで電気と言えば電力会社から供給されるのが当たり前でした。「自由化」と言われても、何が良いのかよく分からない人も多いはずです。
料金だけを見れば安い事業者もあるかもしれません。自分自身のライフスタイルを総合的に勘案すると、電力会社を変えた方が安くなるケースも可能性もあります。
ですが、電気とMVNOは決定的に異なる点があります。それは、生活における重要度です。もちろんスマートフォンも大切なもので、近年は「公共インフラ」と言っても良い程に様々な物にスマートフォンを活用出来るようになりました。
つまり「必要な物」と言っても過言ではないスマートフォンですが、それでさえ電気が無ければ動きません。また、スマートフォンはWi-Fiという形でもインターネットに接続出来ますので、常にWi-Fi環境にある場合、MVNOでも業者の回線をあまり利用しないで済みます。
ですが、電気の場合は違います。Wi-Fiのように代わりを担ってくれるものは今のところ存在しません。電気がなければ不便な生活が待っています。それらを勘案した上で、どうすべきなのかを考えるようにしましょう。まあ、何か起きてから「その電力会社では無理」となる可能性は低いとは思いますが…。

ピックアップ記事

pixta_3371154_M

2016.1.5

新居探しのベストは1月、正しく今です!

2016年も、早、松が明けようとしています。今年からは社会人1年生とか、大学1年生という事で、新生活に向けての夢と希望に満ちあふれた年始めの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る